活動紹介 > 樹木医の図鑑 > 樹病

樹病

アカマツのすす葉枯病

病原菌 Rhizosphaera kalkhoffii Bubak
特徴・生態 アカマツのほかクロマツ、ヒマラヤスギにも発生する。気孔に列状に並んで、すす状の小黒点が多数形成される。被害葉は枯れて乾燥した状態になる。
防除方法 衰弱した不健全木に発生しやすいので、採光、通風、土壌環境の改善に努め、樹勢回復をはかる。適用農薬は無い。
参考文献 小林享夫編著.1991.カラー解説 庭木・花木・林木の病害.養賢堂.東京.pp.5、103.
投稿者氏名 天野孝之
樹木医登録番号 0001
写真
アカマツの葉の裏に形成された柄子殻。
気孔から侵入した病原菌の柄子殻。