活動紹介 > 樹木医の図鑑 > 樹病

樹病

サカキ白藻病

病原菌 Cephaleuros virescens Kunze
特徴・生態 サカキに限らず、多くの常緑樹の葉上に発生する。葉上に藻の一種が繁殖し1cm程の大きさに成長する。最初白色であるがやがて灰褐色から灰緑色を呈する。病葉は脱落することなく美観を著しく損なう。
防除方法 通風・採光条件の悪い個所で発生しやすいので、この点を考え整枝剪定を行う。登録農薬はない。
参考文献 小林享夫編著.1991.カラー解説 庭木・花木・林木の病害.養賢堂.東京.pp.12、108.
投稿者氏名 天野孝之
樹木医登録番号 0001
写真
薄暗い個所に植栽されたサカキに発生した罹病葉。
多数の病斑が形成された罹病葉。