活動紹介 > 樹木医の図鑑 > 樹病

樹病

コウヤマキの葉枯れ性病害

病原菌 子嚢菌の一種
特徴・生態 葉先1/2ほどが萎れた状態で枯れ込み、垂れ下がる。萎れた部分から多数の黒色物質が現れる。顕微鏡下で観ると、子嚢が観察できる。樹冠全体が枯れることはない。
防除方法 西日がよく当たり乾燥しやすい土壌条件で発生しやすい。これらの点に注意する。
参考文献  
投稿者氏名 天野孝之
樹木医登録番号 0001
写真
葉先が枯れた状態。萎れたように下垂する。
枯れた部分に形成された病斑。萎れたような皺ができる。
病斑に形成された子嚢、子嚢胞子。