活動紹介 > 樹木医の図鑑 > 樹病

樹病

コウヤマキのすす葉枯れ症状

病原菌 不詳
特徴・生態 葉裏の気孔帯にすす状病斑が多数形成される。これにより葉が枯れることはないが、生花用「枝物」としては商品価値がなくなる。
防除方法 通風・採光不良な場所で発生しやすい。また土壌の浅い場所でも多発する。これらの点に注意し、整枝剪定、土壌改良を行う。
参考文献  
投稿者氏名 天野孝之
樹木医登録番号 0001
写真
葉裏の気孔帯に形成された黒点。
微小な黒点が多数形成される。