活動紹介 > 樹木医の図鑑 > 樹病

樹病

キハダ銹病

病原菌 Coleosporium phellodendri Komar.
特徴・生態 アカマツとの間を行き来する異種寄生菌である。6-7月に発病し、罹病葉の表面に黄色の斑点が出来、葉裏には黄色から褐色の病斑(夏胞子層)ができる。初秋には落葉しはじめる。
防除方法 薬用利用のためにキハダを栽培する場合は、アカマツ生育地を避ける。登録農薬はない。
参考文献 小林享夫編著.1991.カラー解説 庭木・花木・林木の病害.養賢堂.東京.pp.82、178.
投稿者氏名 天野孝之
樹木医登録番号 0001
写真
罹病葉の裏側に黄褐色から褐色の病斑が形成され、早期落葉をおこす。
葉表に黄色から黄褐色の病斑が多数できる。