活動紹介 > 樹木医の図鑑 > 樹病

樹病

カリンの赤星病

病原菌 Gymnosporangium asiaticum Miyabe ex Yamada 
特徴・生態  葉の表面に淡黄色の小円班が出来、やがて大きく成長し、中央部はやや凹み褐色に変化する。葉裏は、葉脈の基部に淡緑色の隆起物ができる。やがて橙黄色の紛塊を飛散する。
防除方法 罹病葉は目立つが、これにより葉が枯れることは少ない。気になる場合は、罹病葉を摘み取り焼却する。
参考文献 小林享夫編著.1991.カラー解説庭木・花木・林木の病害.養賢堂.東京.125.
投稿者氏名 天野孝之
樹木医登録番号 0001
写真
葉表に、黄色斑点が形成され、その中央部は褐色の病斑ができる。病斑が癒合し不定形になる場合がある。
初期状態の病斑。葉表が少し隆起する。古くなると葉裏にタコ足状の毛状体を形成する。