活動紹介 > 樹木医の図鑑 > 樹病

樹病

カマツカさび病

病原菌 Gymnosporangium asiaticum Miyabe ex. Yamada
特徴・生態 本菌は異種寄生性で、春から秋まではカリン、ボケ、ナシ、カリンの葉や実の上で生活し、落葉期前にヒノキ等のビャクシン類に移る。他の落葉広葉樹と同様、葉表に黄斑を、葉裏には淡褐色から灰褐色の毛状体を形成する。
防除方法 周辺にビャクシン類を植えない。最近は外来樹種がコニファーとして栽培されているので注意する。葉裏に毛状体ができるまでに、罹病葉を集めて焼却する。
参考文献 小林享夫編著.1991.カラー解説 庭木・花木・林木の病害.養賢堂.東京. p.125.
投稿者氏名 天野孝之
樹木医登録番号 0001
写真
葉に形成された病斑。鮮明な黄色を示す。
裏には毛状体を多数形成する。これは病原菌の銹子腔で、内部に多数の胞子を持っている。