活動紹介 > 樹木医の図鑑 > 樹病

樹病

アオキ星形すす病

病原菌 Asterina aucubae Henn.
特徴・生態 すす病菌の中で、唯一寄生性の病原菌である。薄暗い谷沿いの山間部でよく見かける。庭園、公園等ではあまり見かけない。罹病葉の枯死落葉、樹冠全体の枯死は発生しないが、著しく美観を損ねる。
防除方法 日当たり、風通しを良くすれば改善する。本病害に登録の取れた殺菌剤はない。美観を損ねる場合は、罹病葉を切除、焼却し、施肥をする。
参考文献 小林享夫編著.1991.カラー解説 庭木・花木・林木の病害.養賢堂.東京.pp.23、119.
上住泰・西村十郎.原色庭木花木の病害虫.農文協.東京.pp.20、95.
投稿者氏名 天野孝之
樹木医登録番号 0001
写真
罹病葉の全景

葉の表面に、黒色直径0.5cm程の円形菌叢を多数形成する。
標徴

ルーペで見た黒色菌叢。