活動紹介 > 樹木医の図鑑 > 樹病

樹病

オリーブの帯化病

病原菌 発生原因は各説あるが、十分明らかになっていない。
特徴・生態 枝や茎の断面が円形から扁平状になる現象で、複数の茎が癒合する場合もある。オリーブに限らず、ジンチョウゲ、エニシダ、ヤナギで多発する。エニシダ、ヤナギの罹病枝は生花材料として市販されることもある。
防除方法 特に美観を損ねる場合は、切り取り焼却する。ウイルスが原因とされているので、使用した鋏等はライター等で火炎消毒をする。
参考文献 上住泰・西村十郎.1992.原色庭木花木の病害虫.農文協.東京.270.
投稿者氏名 天野孝之
樹木医登録番号 0001
写真
左が、被害枝。右は正常な枝。
枝が癒合し、扁平な状態。