活動紹介 > 樹木医の図鑑 > きのこ

きのこ

コフキサルノコシカケ

写真
マンネンタケ
コフキサルノコシカケ
学名 Elfvingia applanata (Pers.)Karst.
別名 猿の腰掛け
被害樹 広葉樹の幹。クスノキ・ケヤキ・サクラ類など。心材・白色腐朽。
分布 世界的
特徴 子実体の傘は半円形、扁平丸山型~馬蹄形、表面は殻皮でおおわれ、灰褐色~灰褐色。管孔は、多層、各層は暑さ1cmほど.胞子はマンネンタケ型。
その他の写真

ソメイヨシノに発生した子実体