日本樹木医会について > 概要

概要

 一般社団法人日本樹木医会は、1992年6月に任意団体として設立された日本樹木医会を母体とし、2009年7月法人化により新たな出発をいたしました。

 現在正会員数は約2,200名、このほかに多数の法人及び個人が賛助会員として入会しています。

 本会の目的は、樹木医の知識と技術を通じて巨樹、名木等の文化財をはじめとする樹木、緑地、森林等の保全、樹木文化の継承・発展及びこれらの普及啓発に関する活動等を地域社会と連携して行うことにより、広く環境の保全に寄与することにあります。このため、東京都に事務所を置くとともに都道府県単位に支部を設け、それぞれの地域で独自に活発な活動を行っています。本会は、年1回の社員総会と、理事会、業務執行理事会及び幹事会により運営し、活動は企画部会、技術部会、広報部会及び事業部会の4部会と常設の編集委員会を設け行っています。また、執行機関とは独立した倫理審査委員会が設置されています。

 本会を取り巻く情勢としては、樹木に対する社会的ニーズが、地球温暖化の防止、生物多様性の保全、自然災害の防止、青少年の環境教育、心身の健康づくりなど多様化しています。また、法人としての組織運営の透明化も求められています。

 本会は、このような社会的役割と責任を認識し、会員の知識や技術さらには見識の向上に努めるとともに、関係機関、地域社会等と連携しながら社会貢献活動の拡充に努めることにより、社会的信頼を一層高め、環境の保全に貢献することとしています。

(2016年4月)