インフォメーション > お知らせ

お知らせ

日付 タイトル
2012/02/29 ◆社団法人台湾愛樹保育協会との交流について
 地球温暖化の防止や生物多様性の保全など地球環境問題のグローバル化に伴い、国際的に活動する樹木医が増加しています。
 このような中、今回本会創立20周年記念事業の一環として実施した「台湾樹木医ボランティア・ツアー」を通じた日・台両国の技術交流を契機として、同ツアーの後援団体の一つである標記団体から、本会に対しインターネットのリンクによる相互交流の申し出がありました。
 台湾は、日本の統治時代があって親日的な国ですが、近年樹木の病虫害や外来樹種の増大、さらには被害木の風倒による鉄道事故の発生などにより、樹木の保護管理の必要性が高まっており、日本からの技術等の支援は大いに役立つもの思われます。
 貴団体の概要は次のとおりです。言語の課題はありますが、会員の皆様の積極的なアクセスと交流を期待しております。

社団法人台湾愛樹保育協会
社団法人台湾愛樹保育協会の概要(PDFファイル)