活動紹介 > 名木紹介 > 都道府県別名木紹介 > 愛媛県

愛媛県

王至森寺のキンモクセイ

写真
所在地 西条市飯岡
樹齢 300年
樹高 16m(現在は5m)
胸高幹周 3.3m
所有者 王至森寺
指定 国指定天然記念物
概要 王至森寺にあるこの木は、胸高幹周3.3m、樹高16m(現在は5m)、樹齢300年といい、 キンモクセイとしては全国有数の巨樹であったが、近年、次第に衰弱し、かつての荘厳さも今は昔。 白壁に寄り添うように立ち、地上1.2mで4幹に分かれて、こんもりとした樹冠をなす。 秋、キンモクセイの香りに乗って、西条祭りがやってくるといわれ、2kmさきまで届くその香りのおかげで、 その周辺地では疫病が出なかったと伝えられている。1927年に、国の天然記念物に指定された。

惣河内神社のウラジロガシ

写真
所在地 東温市河之内
樹齢 不明
樹高 15m
胸高幹周 6m
所有 惣河内神社
指定 県指定天然記念物
概要 ウラジロガシは、惣河内神社の参道入り口の斜面に、やや傾いてどっしりと根を張っている。 胸高幹周6m、樹高15mの威厳あるたたずまいだ。ごつごつとした幹にはしめ縄が巻かれ、 この地域では神木としてあがめられてきた。大きく曲がった枝は、支柱によって補強されているが、 幹の内部は空洞になっており、残念ながら衰えが極めて目立っている。 1979年に県の天然記念物に指定された。

北吉井のイブキ

写真
所在地 東温市樋口
樹齢 800年
樹高 20m
胸高幹周 4m×2
所有 大蓮寺
指定 国指定天然記念物
概要 北吉井のイブキ(ビャクシン)は、四国中央市の「藤原のイブキ」、「下柏の大柏」に次いで県内3番目の大きさである。 大蓮寺の境内に、堂々とした格好でそびえ立っている。 胸高幹周8m、樹高20m、樹齢800年といわれ、1948年に、国の天然記念物に指定された。 地上1mで2幹に分かれ、それぞれの幹周は4mで、空高く枝を伸ばす。

下柏の大柏(イブキ)

写真
所在地 四国中央市下柏町
樹齢 1200年
樹高 15m
胸高幹周 8.3m
指定 国指定天然記念物
概要 下柏の大柏(ビャクシン)は、四国中央市の「藤原のイブキ」に次いで県内2番目の大きさである。 風の強い平地部に1200年にわたって生きてきたことはまさに風格を感じる。 胸高幹周8.3m、樹高15m、樹齢1200年といわれ、主幹の東側の空洞(高さ1.4m)の中には、 1783年に地蔵菩薩が安置され信仰の対象となっている。1924年に国の天然記念物に指定された。

満願寺の二重柿

写真
所在地 宇和島市津島町
樹齢 300年
樹高 16m
胸高幹周 1.4m
所有者 満願寺
指定 県指定天然記念物
概要 この柿は、実の中には、もう一つ小さな実が入っている。 別名「子持ち柿」ともいい、弘法大師が当地を訪れ、杖を置いた所に育ったと言い伝えられていることから、 子宝の霊験があると信じられ、秋になると干し柿の申し込みが多く寄せられる。残念ながら、現在樹勢が弱っている。 ちなみに渋柿で、1948年に県の天然記念物に指定された。