活動紹介 > 名木紹介 > 都道府県別名木紹介 > 秋田県

秋田県

白神のシンボル(ブナ)

写真
所在地 秋田県藤里町岳岱自然観察教育林
指定 林野庁「森の巨人たち百選」
幹周り 4.85m
樹高 26m
樹齢(伝承) 400年以上
概要 岳岱自然観察教育林内にあり、白神山地の秋田県側のシンボル的存在となっている。ブナの寿命は300年前後といわれるが、これを遙かに超えて400年前後と伝承され、通称「400年ブナ」と言われている。台風により大枝が折損したこともあり、樹勢回復等のため地元の人たちによる活動も盛んに行われている。

あがりこ大王(ブナ)

写真
所在地 秋田県にかほ市鳥海自然休養林内
指定 林野庁「森の巨人たち百選」
幹周り 7.62m
樹高 25m
樹齢 300年(推定)
概要 岳岱自然観察教育林内にあり、白神山地の秋田県側のシンボル的存在となっている。ブナの寿命は300年前後といわれるが、これを遙かに超えて400年前後と伝承され、通称「400年ブナ」と言われている。台風により大枝が折損したこともあり、樹勢回復等のため地元の人たちによる活動も盛んに行われている。

コブ杉(天然秋田杉)

写真
所在地 秋田県上小阿仁村上大内沢自然観察教育林内
指定 林野庁「森の巨人たち百選」
幹周り 3.77m
樹高 40m
樹齢 200~300年(推定))
概要 大人の背丈ほどのところから幹がコブ状に盛り上がっており、独特の様相を呈している。 林内周辺には、山村広場や休憩施設、歩道などが整備されており、今後も村をあげて保全していくことにしている。

天陪の一本杉(スギ)

写真
所在地 秋田県美郷町飯詰
指定 美郷町指定天然記念物
1976年(昭和51年)10月9日指定
幹周り 3.7m
樹高 21m
樹齢 300年(推定)
概要 南北朝時代の禅林・吉祥山西法寺の境内にあった杉と伝えられ、根元から湧き出ている清水にそびえる大木である。後三年合戦(1083~87年)の時、源義家が雁の乱れ飛ぶのを見て、天陪原の湿原に敵の伏兵を発見して勝利し、敵兵30余騎の屍を埋めた塚に植えた杉という伝説も残る。菅江真澄が「月の出羽路」で「あまべ」の記述として「阿麻陪」「あまべ」「海陪」などと表記している。

大仙市天然記念物のエノキ

写真
所在地 秋田県大仙市刈和野(旧西仙北町庁舎)
指定 大仙市指定天然記念物
1989年(平成元年)8月28日指定
幹周り 3.26m
樹高 13.4m
樹齢 270年(推定)
概要 このエノキは秋田藩時代の武家屋敷の中に植えられたもので、その頃の武士の住まいをしのばせる代表的なものである。ニレ科に属する木で、高木性広葉落葉樹である。原産は、中国で、朝鮮や我が国も山野に生えている。若い枝には、細い毛がびっしり生えて直径7mmぐらいの球形の実をつけるもので食べることができる。

角館のシダレサクラ

写真
所在地 秋田県仙北市角館町
指定 国指定天然記念物
1974年(昭和49年)10月9日指定
概要 仙北市角館地区には、1620年(元和6年)に町づくりされた武家屋敷群が今も残っており、武家屋敷の通りをはじめ町内には、約400本のシダレザクラが群生し、そのうち162本が国の天然記念物に指定されている。

檜木内川堤(サクラ)

写真
所在地 秋田県仙北市角館町
指定 国指定名勝
1975年(昭和50年)2月18日指定
概要 檜木内川堤のソメイヨシノは1934年(昭和9年)に当時の皇太子殿下(今上天皇)の誕生を祝って植えられたもので、サクラのトンネルが約2kmにわたっている。