活動紹介 > 名木紹介 > 健康優良樹

健康優良樹

所在地 茨城県水戸市
樹種 ヤマザクラ
左近の桜
推薦者名 近藤秀明
中村澄夫
石川都美江
写真
樹高(m) 16
幹周(m) 3.84
選定年 2007年
解説 左近の桜
偕楽園の芝生広場の一角に植栽されています。植栽の起因は、1831(天保元)年に有栖川親王の第六皇女登美宮吉子が斉昭に嫁ぐにあたり、仁孝天皇から「左近の桜」の苗木(種子と記している書籍もある)を賜りました。当初は江戸・小石川の邸に植えられていましたが、1841(天保10)年に弘道館が落成したので移植しました。1957(安政3)年頃に枯死したので、1963(昭和38)年に京都御所から再度3本をご下賜いただき、樹齢7年生のものを植栽しました。この個体はそのうちの1本です。2007(平成19)年現在、頗る生育状況が良く、公園を訪れる多くの人々の関心の的となっています。