インフォメーション > 樹木医を目指す方へ > 合格体験記 (第18期)

合格体験記 (第18期)

樹木医合格体験記

西山 聡(香川県) (株)喜多猿八

今回じつに6回目の挑戦で樹木医試験に合格する事が出来ました。努力の賜物と言うよりは6 回の挑戦の間に色々な経験が出来、指導を受けられた事が試験に活かせたという面が強かったと思います。指導していただいた先生方、樹木医の先輩方にはさまざまな面でご指導いただきありがとうございました。

樹木医を知ったのは仕事の関係で参加した古木の治療現場でした。当時樹木を治療するという考え方がまるで理解できなかったのですが、その後も治療の現場に何度か参加させていただき巨木を注意深く観察し、衰えた樹勢を回復させてゆく事が非常に興味深く感じました。街路樹調査などにも参加させていただき、非常に納得の行く思いがしました。そのような機会に恵まれた事が試験に挑戦するきっかけになりました。

試験対策で一番力になったのは、実地で体験した経験ではないかと思います。実際に体験して理解できた事が非常に多かったと感じます。これらの経験は当時県の樹木医会で行われていた勉強会のなかで蓄積した事で、勉強会では古木の治療や樹勢回復の作業、街路樹や公園、保存木の調査などの現場での活動に加え、試験対策として過去問題の解説やテーマを決めた論述問題演習なども行われました。特に論述試験対策としての過去問題、予想問題の演習は、まとまった文章を書く機会自体が少なかった私にとって非常に効果があったと思います。樹木医になってからは、数多くの場面で声を掛けていただく機会があり、一つ一つの事案で樹木医の先輩方に教えていただきながら何とか対応しているといった状況です。今後の活動として、一本一本の木をみる事とともに環境、景観としての緑を考えられる樹木医を目指して経験と知識を積み重ねて行きたいと考えています。