インフォメーション > 樹木医を目指す方へ > 合格体験記 (第16期)

合格体験記 (第16期)

こうして樹木医になれました

鮫島宗俊(北海道) (財)札幌市公園緑化協会

合格したら大型封筒。不合格だったら小型封筒がくるはず。結果は、来ました来ました、嬉しい便り。

私が樹木医を目指そうと思ったのは、現場でいくら緑の事について提案してもなかなか取り上げてもらえない現実。所が、樹木医の先生が現場に来て話しするとなぜか皆が納得してしまう。あれ?自分も同じ事言ったのに。その時、これが樹木医なのだと。

それでは、この資格を取得して、これまでやってきた緑の仕事について皆さんに提案し、いろいろな事例について提言できればと考えたのが事の始まりでした。

合格の秘訣はと問われると、はたして何をやったのだろうか?と。まず先輩に頂いた過去の問題集で出題の傾向を知る事(これは余りあてになりません)と問題解答の解説を理解できるまで読んだ事、最新・樹木医の手引きを読んだ事位です。専門分野だけでなく、常識的な出題もあるので、新聞・雑誌の気になる記事に目を通し、植物に関する本を読む事もお薦めします。また、受験地まで毎年行ける訳でもないし、仕事の関係で集中的に勉強できる環境でもなかったので、毎日少しずつわかる範囲で勉強したのが良かったと思います。樹木医研修の最終日に面接があり、質問に対し要点のみ答えられるように常日頃の会話にも留意が必要で、余りだらだら喋らない事です。

これから樹木医を目指そうとしている人に言いたい事は、失敗したからといって諦めないで、何回でも挑戦する気力を持って夢を現実のものとしてほしいと思います。

新米樹木医です。これから皆様の御指導頂きながらがんばろうと考えております。最後に筑波での2週間、講師の皆様・同期の皆様お世話になり有難うございました。