日本樹木医会について > 都道府県別支部紹介 > 島根県支部紹介

島根県支部紹介

基本情報

事務局

住所 〒690-0824 島根県松江市菅田町218番地
(株)庭の川島 内
TEL 0852-21-1793
FAX 0852-27-0770

活動内容

県内の一般家庭の庭木、巨樹、古木、街路樹などの現地調査、診断、治療と樹木の保護保全に関する研修等の開催、 支援等を現在17名の会員(平成26年度5月現在)で行っています。

支部長 佐藤 仁志 出雲市
顧問 柿田 義文 出雲市
顧問 柳井 良仁 津和野町
事務局 多々納 敏 出雲市
青木 広幸 出雲市
浅浦 徹 浜田市
足立 洋 松江市
太田 耕一 松江市
大野 勉 益田市
坂本 博司 松江市
先久 伸二 斐川町
高居 正男 松江市
竹田 和彦 出雲市
穂井田 頼 大田市
槙野 浩二朗 出雲市
三原 洋治 出雲市
目次 博明 松江市

活動実例紹介

巨樹・古木現地調査、診断、治療事例

■島根県庁庭園エノキ樹勢回復 平成26年2月施工

島根県庁の前庭のエノキは、松江城内を描いた江戸時代の絵図に同エノキが存在していると思われることから、 樹齢300年を超える古木といわれています。

このエノキに近年ヤドリギが着生して樹冠を覆う様に繁茂し、樹勢の衰退が診られるようになりました。 ヤドリギは北欧では愛の誓いであるという神話や、半寄生植物を観察する学習面、景観面での価値があるため、 ヤドリギを全て撤去するのではなく、全体のバランスを考慮して適正な量を残すことにしました。 エノキの樹勢を回復させるには、エアースコップで根元周囲を広範囲に掘削して、発根を促進させる木炭を主体とした土壌改良を行いました。

この作業は会員の半数が参加し2日間にわたりました。 今後の樹勢の回復はもとより、エノキとヤドリギのコラボに注目していきたいと思います。

■定めの松樹勢回復 平成18年11月施工 現在平成26年5月の状態

以前に紹介した定めの松の樹勢回復のその後ですが、平成18年に支部で木炭と菌根菌による樹勢回復をした結果、 現在順調に回復しています(平成26年4月写真)


樹木の保護に関する研修会

■松くい虫被害対策「樹幹注入の施工認定」研修会

島根県は平成23、24年に松くい虫の被害が全国1位となり、その被害をくい止めようと適正な樹幹注入の施工認定研修会を毎年行っています。 2日間の研修会は、松くい虫のメカニズムなどの座学や野外での実習、終了試験などを行い、現在認定者は100名を超えています。

■樹木の危険度診断研修会 平成25年11月実施

樹木は本来人々に潤いや癒しを与え景観や文化的価値があるものですが、近ごろ倒木による人災などが頻繁に起こっています。 特に街路樹はその周辺環境から危険なものが多く見受けられます。これらの街路樹や公園での樹木の危険な状況を適正に診断する研修会を初めて行いました。 講師を街路樹診断協会から派遣し、適正な診断方法や島根県発の腐朽診断機「ぽんた」の使い方を学びました。


マツの病害虫や樹勢回復小冊子の発行

■庭園マツで発生する病害虫~診断と防除~

マツに発生する病害虫のほとんどを一冊にまとめ、見やすい見開きとしました。研修会などで活用していただいています。

■炭と菌根菌を活用した マツの樹勢回復

木炭と菌根菌による樹勢回復の手法をまとめたものです。開発者の農学博士小川眞先生監修です。

■マツ類の病害虫と登録農薬

マツ類に登録のある農薬をまとめた、とても便利な一覧表です。