日本樹木医会について > 都道府県別支部紹介 > 愛知県支部紹介

愛知県支部紹介

基本情報

支部連絡先

愛知県支部事務局 〒443-0038 愛知県蒲郡市拾石町前田23-2 (デザインハウス樹木医・技術士事務所内)

支部長:天野 洋平

E-mail y.amano@kayutei.co.jp

事務局長:原野 幹義

E-mail hanamo@m78.com

支部ホームページ

愛知県支部ホームページへ

活動内容

 愛知県支部会員は平成28年度現在94名の大所帯です。樹木医の認知度を上げる段階から、 経験と専門的最新理論に基づく診断・治療技術のさらなる向上が求められています。 会員、個人個人の能力と経験を支部全体としての力となるように、会員相互の連携、技術研修・研鑚、啓もう活動を行っています。 若手を含め、多くの会員が支部活動を通じて、学び合う喜び、交流の楽しさ、そして社会的意義を感じられるようにサポートしています。

 その他、さまざまな受託事業を下部組織の「愛知県樹木診断協会」が、 複数の会員によるチーム構成により進めています。

 愛知県緑化推進委員会の「ふるさと樹木診断事業」では、県内各地の名木・巨木の健康度を診断し、保護・樹勢回復等の対策を提案するものです。 平成6年度から現在まで1000本を優に超える実績となり、隠れた名木を発掘できたこと、各方面に樹木医技術を広く知っていただく機会を得たこと、 さらに実際の樹木保護活動を行うきっかけとなり、得られた成果は極めて大きいものと感じています。

 次に岡崎市などから「子ども緑の勉強会」として小学校に出向いて出前講座を行っています。 学校林を散策しながら樹木の特徴、見方、楽しみ方を伝えながら、共に樹木と人間との違いや共通点など、生命の不思議について考えてみます。

 市町村等行政からの「街路樹診断」は、名古屋市をはじめ豊田市、岡崎市、豊橋市など主要市域を主体に危険木等の診断評価を実施し、 市民生活の安全に貢献しています。昨今樹木の倒伏等の事故が、しばしば起こり危険木診断の重要性はより高まっています。

 これらの樹木診断・治療を、今後一層充実できるよう体制強化、技術研鑚に努めてまいりたいと会員一同思っています。