日本樹木医会について > 都道府県別支部紹介 > 長野県支部紹介

長野県支部紹介

基本情報

支部事務局 連絡先
住所 〒395-0151 長野県飯田市北方3883-3 文吾林造園(株)内 事務担当:稲葉瑞枝
TEL 0265-25-3928
FAX 0265-25-7238
E-mail ta-hara@bungobayashi.com

活動内容

(1)会員相互の連携
(2)研修会の開催
(3)情報収集交換
(4)樹木診断・治療、講師派遣
(5)関係機関・団体等との連携

会員紹介

平成29年10月現在
樹木医No 支部役職 氏名
2 144 丸山 道雄
3 182 小島 耕一郎
4 273 田村 宏平
4 303 遊橋 洪基
5 353 佐藤 芳幸
5 372 原田 秀樹
6 397 北信幹事 有沢 二三明
6 427 小山 明 
6 398 飯島 貞夫
7 527 二宮 孝治
8 584 副支部長 後藤 正直
8 619 支部長 原 孝昭
8 621 東信幹事 藤牧 昇
9 647 大塚 清史
9 705 監事 宮嶋 紀義
11 819 上村 庄司
12 902 副支部長 上条 祐一郎
12 924 杉山 茂樹
12 957 林 卓三
12 992 吉見 次郎
13 996 浅沼 充
13 1016 岡田 充弘
13 1033 事務局長 粂野 勝
13 1043 中信幹事 小山 知宏
13 1100 水野 俊哲
13 1107 宮原 康二
14 1210 西之園 徹
14 1213 中信幹事 根萩 達也
14 1233 壬生 眞由美
15 1273 伊藤 あかき(旧姓 木下)
15 1260 江原 文雄
15 1277 窪田 達央
15 1288 佐々木 辰弘
15 1306 竹内 耕治
樹木医No 支部役職 氏名
15 1309 田中 広作
15 1325 西澤 国之
15 1358 横川 智津子
16 1378 上原 裕子
16 1379 宇治田 直弘
16 1407 酒井 志磨
16 1435 田中 裕二
17 1526 小林 健一
17 1601 山本 裕美
18 1706 三原 伸能
19 1743 伊藤 伸二
19 1812 塚田 昌二
19 1822 新岡 俊哉
20 1910 北信幹事 田村 忠宏
21 1990 亀岡 康夫
21 1991 折井 涼(亀山)
21 2006 小松 誠司
21 2035 富岡 裕
21 2073 南信幹事 村田 信路
22 2136 佐藤 明利
22 2175 肥田 全一
22 2195 望月 大樹
23 2214 入江 努
23 2297 藤原 祥雄
24 2334 伊藤 勝弘
24 2353 小田切 州示
24 2358 金子 修平
24 2368 小池 良輔
24 2385 園原 正二
24 2396 段木 秀夫
24 2443 若林 悠平
25 2506 栗林 千佳
25 2534 野澤 崇徳
26 2663 八木 寛之

活動状況写真

平成28年5月8日 平成28年総会時研修会

場 所 戸隠神社 中社(長野県長野市戸隠3506)

講 師 (株)林業笠原造園 佐藤芳幸樹木医・山本裕美樹木医

    (株)松本微生物研究所 猿田年保土壌医

「戸隠神社の御神木 中社にある樹齢700年のスギの樹勢回復作業」

樹高37m、幹周7.3m  地上部はこぶ病で瘤がびっしりとついている。

パワースポットブームで多くの人が御神木に触れるため、地面は踏み固められ枯枝が目立ち、また以前整地をしたときに盛土をしたため衰弱してきている。

このスギの根を掘り、スギと共生している菌根菌を接種し、新しい根の再生を図る。

土壌改良資材として、ゼオライト・アーバスキラー菌根菌・硬質赤玉土・リン肥・テンポロン・マルチとして完熟堆肥を予定している。

(柵も広げる為、四つ目垣は地元のほかの業者が後日行う)

長野県でも多くのスギが各神社には植えられている が、樹勢回復例は少ないので安価でも出来る方法をみんなで検討し模索して行きたい。

根を切る太さ、切る位置、切る量などスギの根を実際に見て研修を行う。

菌根菌を松本で生産している(株)松本微生物研究所の猿田年保土壌医から菌根菌の説明も受ける。


集合写真(参加者33名)

戸隠神社宮司の挨拶

三本杉の根の菌根菌による改良

作業完了

平成28年1月19日長野県支部新年研修会


(1)山本裕美樹木医の「菌根菌」講座

(2)研修会の参加者約33名
(樹木医と樹木医補と樹木医受験予定者)

(3)根萩達也樹木医の「安曇野の桜保護」講座

平成18年11月の治療



1.発注者: 信濃町教育委員会
2.治療時期: 平成18年11月24日
3.治療内容: 閑貞桜の治療(長野県天然記念物)シダレザクラ 推定樹齢250年
非常に衰弱した桜のため、以下の治療を行った。
①不定根の誘発促進と誘導
②根系発根促進のための土壌改良
③原形保存のための木質固化剤の注入

平成17年10月の治療



1.発注者: 美麻村教育委員会
2.治療時期: 平成17年10月27日
3.治療内容: 静の桜の治療(長野県天然記念物)イヌザクラ 推定樹齢800~1,000年
衰弱が進行している巨大なイヌザクラで、周辺は公園化されている。治療は以下のとおり
①不定根の誘発促進と誘導
②根系発根促進のための土壌改良
③原形保存のための木質固化剤の注入