活動紹介 > 名木紹介 > 自慢の木・気になる木

自慢の木・気になる木

大日寺の大イチョウ(鳥取県)

写真1
1997年 大イチヨウの根元付近
所在地 鳥取県倉吉市桜字円地坊137
樹種名 イチョウ(雌木)
大きさ 高さ:35.5m
幹周(胸高):3.56m
幹周(根元):3.95m
枝張(東):11.0m
枝張(西):13.5m
枝張(南):13.5m
枝張(北):8.5m
推定樹齢 1000年(伝承)
指定等 鳥取県天然記念物(1956年3月)
倉吉市保存樹(1987年1月)
とっとり名木100選(1998年)
管理者 大日寺
故事・由来  988(永延2)年に比叡山の高僧恵心僧都の巡錫記念として植栽されたと伝えられています。主幹の周りを9本のひこばえからなる幹(副主幹)が取り囲んで林立し、巨大な株立ち樹を形成しています。樹冠下周囲には鎌倉時代と伝えられる五輪塔が多数立ち並んでいます。
樹木医の関与  県天然記念物、倉吉市保存樹に指定されていますが、特に保護管理された形跡がなく、主幹の腐朽空洞、枝の枯損腐朽などが見られました。そのため1997年に(財)日本緑化センターから「平成9年度巨樹・古木林等診断調査・治療等業務」を受託し、本樹の診断・回復治療工事を行いました。その後2005年には県教育委員会委託による樹勢診断も行っています。
関わった樹木医 竹下 努(39)、大森 一男(87)、白間 純雄(281)、山本 真弓(472)
報告者 西垣眞太郎 登録認定№(1208)
写真2
1998年大日寺の大イチョウ
写真3
2008年大日寺の大イチョウ
写真4
2008年大日寺の大イチョウの根元付近