活動紹介 > 名木紹介 > 自慢の木・気になる木

自慢の木・気になる木

天女の衣掛柳(滋賀県)

写真1
2007年3月調査診断の様子
所在地 滋賀県長浜市余呉町川並
樹種名 アカメヤナギ(マルバヤナギ)
大きさ 高さ:12m
幹周(胸高):3.9m
幹周(根元):4.1m
枝張(東):6m
枝張(西):6m
枝張(南):7m
枝張(北):10m
推定樹齢 150年
指定等 なし
管理者 長浜市
故事・由来  天女が羽衣をこの木に掛けたとする神秘性とロマンを秘めた羽衣伝説の木です。その天女の子が菅原道真公であるとの説もあります。
 明治初年にその木は枯れてしまいましたが、根元から萌芽したものが現在に至っていると伝えられています。
樹木医の関与  2007年に余呉町(現長浜市)の依頼により滋賀県支部が調査診断を行いました。それに基づきその翌年より管理を続けています。
関わった樹木医 滋賀県支部 会員樹木医10名
二宮正信(1327)、高橋市衛(1303)
報告者 高橋市衛 登録認定№(1303)
写真2
全景(2014年3月)