活動紹介 > 名木紹介 > 自慢の木・気になる木

自慢の木・気になる木

上日寺の大イチョウ(富山県)

写真1
現在の全景1
所在地 富山県氷見市朝日本町16番8号
樹種名 イチョウ(雌株)
大きさ 高さ:28m
幹周(胸高):11.2m
幹周(根元):13.2m
枝張(東):12.3m
枝張(西):10.5m
枝張(南):9.2m
枝張(北):13.2m
推定樹齢 950年
指定等 国指定天然記念物
管理者 富山県氷見市
故事・由来  上日寺は、銀杏精舎とも呼ばれています。670(白鳳10)年、当時創建の際に観音菩薩を安置し、その霊木としてこの樹が植えられたと伝えられます。大小無数の気根(乳)が垂れています。その先端が削られているのは、乳の出ない母親が、乳が出るよう祈り先端を削り、煎用するという民間信仰のためです。
樹木医の関与  1981年3月に主幹の上部が枯れてしまったので、枯れた部分を切除後、主要な枝に支柱を取り付けました。1991年には幹の腐朽部を取り除き、その翌年に根元近くの舗装を一部撤去し、土壌改良を行い樹勢回復を図りました。
関わった樹木医 浦野 哲 (認定登録番号0010)
報告者 浦野 哲  登録認定№(0010)
写真2
現在の全景2